勤務高校で女子生徒のスカート内を盗撮容疑、教諭逮捕

三ツ木勝巳
[PR]

 女子高校生のスカート内を盗撮したとして、山梨県警生活安全捜査課と富士吉田署は、山梨県南アルプス市下今井の県立高教諭、河西祥平容疑者(30)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕し、9日発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、河西容疑者は、8日午前9時50分ごろ、勤務する同県富士吉田市の県立富士北稜高校の商業科準備室で女子生徒のスカート内をスマートフォンで撮影した疑いがある。

 県教育委員会によると、書類記入のため河西容疑者に準備室に呼び出された女子生徒が撮影に気付き、養護教諭に相談。校長が河西容疑者に事情を聴いたところ、撮影を認めたという。

 河西容疑者は、2014年9月に代替教員として県立中央高校に任用され、今年4月からは富士北稜高校に勤務していた。

 県教委高校教育課の高見沢圭一課長は「被害に遭われた方々の心に深い傷を与えたことに加え、県立高校における教育への信頼を裏切る結果を招いたことについて関係者および県民の皆様に対し、深くおわび申し上げます」と謝罪した。(三ツ木勝巳)