J1浦和が日本代表DF酒井を獲得 J復帰は9年ぶり

[PR]

 サッカーのJ1浦和レッズは10日、フランス1部マルセイユから日本代表DF酒井宏樹(31)を完全移籍で獲得したと発表した。酒井のJリーグ復帰は9年ぶりとなる。

 酒井は千葉県出身。J1柏レイソルの育成組織から2009年にトップチームに昇格。12年にドイツ・ハノーバーへ移籍し、16年からマルセイユに所属していた。現在は、東京オリンピック(五輪)に出場する24歳以下(U24)日本代表に年齢制限のないオーバーエージ枠の1人として参加している。そのため、浦和での公式戦出場は五輪の後になる見込みだという。

 クラブを通じて、酒井は「浦和レッズという伝統ある偉大なクラブの一員になることができ、大変光栄に思います。チームのコンセプトを理解し、1日でも早くピッチ内外でチームに貢献できるようベストを尽くしていきます」とコメントした。