グランパス相馬が挑む激戦の左MF サッカー五輪代表

有料会員記事

勝見壮史
[PR]

スポーツのミカタ

 東京五輪に出場するサッカー男子日本代表メンバー入りをかけた争いが最終盤を迎えている。激戦なのが左サイドのMF。候補の一人が、名古屋グランパスの相馬勇紀選手(24)だ。

 5日夜、ベスト電器スタジアム(福岡市)であった国際親善試合24歳以下(U24)ガーナ代表戦。試合開始の約1時間前、発表された先発メンバーに一部の報道陣がざわついた。

 「相馬だ」

 大方の予想では、左MFは昨年J1で大ブレークした川崎フロンターレの三笘薫選手(24)だった。緩急自在のドリブルが武器で、シュートのうまさもある。筑波大から川崎に入った昨年、13得点で優勝に貢献。ベストイレブンにも選ばれた。早大出身の相馬選手とは、同じ関東大学リーグでしのぎを削ってきた。

 ただ、他の攻撃的MFの選手…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。