エハラマサヒロさん 「イヤイヤ期来たね!」と言える今

有料会員記事

聞き手・松本紗知
[PR]

 お笑い芸人のエハラマサヒロさん(39)は、2歳から小5まで、4人の子どもの子育て真っ最中です。YouTubeでは、和気あいあいとした家族の日常も配信しています。「6歳には6歳の気持ちで向き合う」というエハラさん。子どものとき納得できなかった、「男やから」「お姉ちゃんやから」という言い方はしないよう、心がけているそうです。

家の中に「社会」

 11歳、8歳、6歳の3姉妹と、2歳の長男がいます。7月には第5子の男の子が生まれる予定です。

 よく「1人でも大変やのに、4人も子どもがおったら大変でしょう?」と言われるんですが、多い方が楽やと思います。上の子たちが下の子を見てくれるし、子どもたちだけで遊んでくれるので、一人につきっきりにならなくていい。

 特に長女は小5なんですが、ママにすごく憧れていて、料理や洗濯を進んで手伝ってくれる。最近では、末っ子の教育もしてくれています(笑)。

 家族が多いと、家の中に社会が一つあるような状態。子どもたちにとって、受ける刺激や情報量も多いと思うし、人との距離の取り方を自然に学べる環境やと思います。

 きょうだいげんかは毎日あります。でも、ちゃんと仲直りをして、引きずらないように、親からは話をしています。

 子どもたちには、思いやりのある子になってほしい。だから、「自分がされて嫌なことはしない」「ありがとう、ごめんなさいは、一日何回言ってもいい。まずは自分から」ということは、よく言っていますね。

 世の中にはいろんな人がいて、きょうだいも一人一人違う。相手のことを考えて行動したら、相手も喜んでくれるし、自分もそうされたらうれしいでしょ、と話しています。

悪魔が乗り移ったみたいに…

 次女(8)の2~4歳のイヤイヤ期と夜驚症が、とにかくすごかったんです。うちの妻が唯一、「全て投げ出したくなった」と言うぐらい、最大の壁でした。

 悪魔が乗り移ったみたいに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。