商社マンの僕がユーチューバーになってわかったこと

有料会員記事

聞き手・桜井泉
[PR]

 大人になったらなりたいものはユーチューバー。最近、こう答える子どもたちが増えているという。3年前に大手商社を辞め、ユーチューバーになり起業した長内孝平さん(30)はいま、青森を拠点に仕事をする。転身に迷いはなかったのか。なぜユーチューバーなのか。思いを聞いた。

1990年生まれ。大手総合商社を退職し、2018年に教育系ユーチューブを配信するYousefulを設立。著書に「Excel 現場の教科書」

「ユーチューバーか、会社員か」を迫られて……

 大学を卒業後、大手総合商社に3年余り勤務しましたが、27歳で辞めて、ユーチューバーになりました。子どもたちに人気の職業ですが、見るのと実際は大違い。中身がなければ、すぐに飽きられる厳しい世界です。

 ユーチューバーと言えば、極端な行動でアクセスを稼ぐ「お騒がせ系」が思い浮かぶかもしれません。でも私の場合は、大人向けの「教育系」ユーチューバーです。

後半は、米国留学や妻の反応、そして転身の決め手となったユーチューブ幹部の「ある言葉」について語っています。

 同じように大企業を辞めた仲…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。