目撃者「一瞬で修羅場に」 17人死傷の韓国ビル倒壊

有料会員記事

光州=鈴木拓也
[PR]

 韓国南西部・光州市で撤去作業中の5階建て雑居ビルが倒れ、下敷きになった路線バスの乗客17人が死傷した事故から一夜明けた10日、現場では消防による現場検証が続いた。事故原因はまだわかっておらず、この日現場を訪れた金富謙(キムブギョム)首相は「犠牲になった方や遺族、国民に申し訳ない。事故原因を徹底して調査する」と述べた。

 事故当時、現場と通りを挟んだはす向かいの自転車店内で仕事をしていた店主の男性(45)は、「何かが割れるような大きな音が聞こえてきて外を見ると、建物が崩壊してバスが巻き込まれるのが見えた。数秒後、周囲が砂ぼこりで真っ白になった」と振り返った。粉々になった建物の破片が、約50メートル離れた店の前まで飛んできたという。

 その後、生き埋めになった人…

この記事は有料会員記事です。残り272文字有料会員になると続きをお読みいただけます。