ワクチン「打ち手不足」は本当? 看護師、薬剤師の今 

会員記事新型コロナウイルス

姫野直行
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者向けの接種が始まって2カ月。「打ち手不足」が問題視され、政府は医師や看護師以外にも打ち手を広げた。だが、高齢者が最も多い東京都では、打ち手である看護師が余る。資格ごとの専門性をより生かし、接種を進める段階に入っている。

 「市のコロナワクチン集団接種バイト、全枠落選したんですけど」「ワクチンの打ち手のバイト落ちたー、人が殺到しすぎて抽選だったらしい」。5月、インターネット上にこんな投稿が載った。打ち手として名乗りを上げた看護師らとみられる。

 東京都看護協会によると、資格は持つが現場を離れている「潜在看護師」などに仕事を紹介するナースバンクには、5月だけでワクチン接種などコロナ関連の業務への従事を希望する348人が登録していた。だが、実際に打ち手となったのは、都が行う集団接種会場や離島での接種など約50人にとどまったという。同協会は潜在看護師向けの筋肉注射の講習を行い、すでに500人以上が受講している。

 山元恵子会長は、「高齢者以…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]