マリノスのポステコグルー監督退任、セルティック監督へ

[PR]

 J1横浜F・マリノスは10日、アンジェ・ポステコグルー監督(55)が退任し、スコットランド1部・セルティックの監督に就任すると発表した。13日のルヴァン杯・プレーオフ、コンサドーレ札幌戦からはアカデミーダイレクターの松永英機氏(58)が暫定的に指揮を執り、後任の選定を進める。

 ポステコグルー監督は母国のオーストラリア代表監督を務めた後の2018年に横浜マの監督に就任。攻撃的なサッカーを浸透させ、19年にはチームを15年ぶりのJ1優勝に導いた。今季もJ1では3位につけていた。

 ポステコグルー監督はクラブを通して「残念なことに、お別れをする時がきました。横浜F・マリノスの監督になり3年半が経ちますが、新たな挑戦に踏み出すことを決断しました。横浜F・マリノスに関わるすべての人たちに対し、言葉では表すことのできない感謝の気持ちを持っています。多くの特別な瞬間がありましたが、2019シーズンのJリーグ制覇を上回るものはありません。あの日産スタジアムでの最終戦は、いつも私の心の中にあり続けます」などとコメントした。