西鉄、バス・鉄道乗務員ら約1万2千人に職域接種へ

新型コロナウイルス

松本真弥
[PR]

 西日本鉄道福岡市)は10日、新型コロナウイルスのワクチンを職場で接種する「職域接種」の申請をしたと発表した。対象はグループの従業員約1万2千人で、23日以降、順次接種するという。

 バスと鉄道の乗務員から優先的に始め、スーパーやホテルで接客にあたる従業員などにも広げていくという。会場は西鉄が所有する「博多国際展示場&カンファレンスセンター」(福岡市博多区)を使用する。ワクチンの打ち手は外部の医療機関に委託したという。

 西鉄では、バスの運転手や運営するスーパーの従業員の感染が相次いでいる。同社は「ワクチン接種により従業員の健康や生活を守るとともに、お客さまの安心安全につなげていく」としている。(松本真弥)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]