ブラジル人「ジャングル出身」 隣国大統領が謝罪

半田尚子
[PR]

 アルゼンチンのフェルナンデス大統領が9日、「ブラジル人はジャングル出身」と発言し、隣国ブラジルのボルソナーロ大統領を巻き込む騒動となった。フェルナンデス氏は「誰かを怒らせるつもりはなかった」とツイッターに投稿し、謝罪した。

 ロイター通信などによると、フェルナンデス氏は同日、アルゼンチンを訪問中のスペインサンチェス首相との共同会見で、アルゼンチン人のルーツについて説明するにあたり、「メキシコ人(のルーツは)は先住民族、ブラジル人はジャングルだが、アルゼンチン人は船でヨーロッパから来た」と発言。「私はヨーロッパ主義者だ」とも述べた。

 この発言に対し、ブラジルのボルソナーロ大統領はツイッターに、先住民族と撮影した写真を投稿し、ブラジル国旗の絵文字スペイン語で「ジャングル!」と添えて投稿した。

 騒ぎを受けて、フェルナンデス大統領は「(アルゼンチンには)20世紀前半、500万人以上の移民が先住民と一緒に暮らしていた。私たちの多様性は誇りだ」とした上で、「気分を害した方に謝罪する」と投稿した。

 アルゼンチンスペインの旧植民地で、1816年に独立。今も人口の9割以上がスペイン系やイタリア系など欧州系の住民が占める。首都ブエノスアイレスは「南米のパリ」と呼ばれている。(半田尚子)