• アピタル

第1回入社初日「生理ってどんなもの?」 表立って語り始めた

有料会員記事

中井なつみ
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 新年度がスタートした4月1日。IT大手のサイバーエージェント(東京)にも新入社員が入ってきた。

 コロナ禍のためオンラインで開かれた新入社員研修で、初日のテーマの一つに選ばれたのが、生理だった。

 「働く上で、生理とうまく付き合ってほしい」という狙いで、今年初めて新入社員研修に採り入れた。女性の働き方について、休暇制度などでサポートする会社の仕組みを知ってもらう。それだけではなく、月経についての適切な知識と対処法を、社員本人にも知ってもらうのが大きな目的だ。

 画面に並ぶ64人の女性新入社員に向かって、東京大大学院の甲賀かをり准教授(50)がこう切り出した。

 「生理って、どんなものだか知っていますか?」

都市伝説」で受診控え 病院に行くべきサインは?

 毎月のように付き合う月経だが、社員からは口々に「言葉で説明できない」と戸惑いの声が上がる。「なんとなく」理解したつもりでいる人が多いようだ。

 月経の仕組みや対処法を学べる機会は、意外と少ない。小学校で学んだきりだったり、トラブルを相談する先がなかったり……。十分な情報にアクセスできず、孤独に悩みを抱える人が少なくないのだ。

 月経のある女性が平均して約35年も付き合わざるを得ないのに、表立って語られることが少なかった生理。不快感や体調への影響、生理用品に関する経済的問題や性的少数者の悩み、男性や社会の無理解……。様々な問題が、女性だけの、また個人の問題として秘められてきた。そんな状況を変えようと、動き、語り始めた人々と現場を取材した。全4回の連載です。

 甲賀さんのもとを訪れる患者…

この記事は有料会員記事です。残り1400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]