ナバリヌイ氏団体に過激派認定 反政権活動困難に

会員記事

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 モスクワの裁判所は9日、ロシアの反政権派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏が率いる団体を「過激派組織」に認定する決定を出した。過激派組織の関係者の被選挙権を剝奪(はくだつ)する法律が4日に施行されており、ナバリヌイ陣営による組織的な反政権活動や選挙での候補者擁立は困難になった。

 ナバリヌイ氏の団体を過激派と認定するよう検察当局が訴えを起こしていた。

 過激派組織と認定されたのは、ナバリヌイ氏の中核組織「ナバリヌイ本部」と、政権幹部らの腐敗を追及する「反汚職基金」など3団体。今後は活動が禁じられ、関係者は刑事訴追の対象となる。弁護団は控訴する方針。

 収監中のナバリヌイ氏の公式…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。