運動会でまさかの「やけど」 原因はダンスの足もと

有料会員記事

中井なつみ
[PR]

 真夏を思わせる暑さが続いています。この時期、運動会の演目や体育の授業などで、子どもたちが長時間、「はだし」で過ごしていませんか? 校庭の表面が思わぬ熱さになっていて、「やけど」を負うことも。実際に診療した医師が注意を呼びかけている。(中井なつみ)

足の裏に水ぶくれが

 「足の裏が痛くて、歩くのがつらい……」

 6月初旬、横浜市の「ふくろ皮膚科クリニック」を受診した小学校高学年の女子児童がこう訴えた。

 袋秀平院長が診察すると、女子児童の足の裏には、親指の付け根などに水ぶくれができていた。「低温やけど」の症状だ。やけどによる皮膚損傷の度合いは、3段階中の2度だった。痛みを和らげるため、炎症を抑える塗り薬を処方し、経過観察中だ。

 受診の前日、児童は校庭で行われた運動会に参加しており、ダンスなどの演目に出ていた。1時間近く、足元はずっとはだしの状態。途中から足裏に痛みを感じはじめ、終わるころには、友達の肩を借りないと歩けない状況になった。1日経っても痛みが引かないことから受診したという。

 袋院長によると、こうした症例が目立ち始めたのは2019年ごろから。いずれも、運動会の練習や当日、はだしのまま校庭で長時間過ごしていたことが共通していた。

 低温やけどは、短時間の皮膚の接触では問題ない温度(約45~50度)でも、連続して皮膚と接することで起きるやけどだ(46度で30分~1時間、50度では数分程度)。熱さに気づかずに触れ続け、皮膚の奥深くまで損傷することがある。

 袋院長は「校庭の地面が、やけどを引き起こすほどの熱を持つことは、ほとんど知られていないのではないか」と危惧する。これまでにも、気温が27度前後のときでも、はだしで低温やけどになったケースもあったという。

夏場の校庭、高いリスク

 建設大手の大成建設の研究(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。