神戸市、12~15歳へのワクチン接種券発送見合わせ

新型コロナウイルス

鈴木春香
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの市立中学・高校での集団接種を検討していた神戸市は、12~15歳への接種券の発送をいったん見合わせる。久元喜造市長が10日の定例会見で明らかにした。「国の方針の混乱」を理由に挙げた。

 厚生労働省がファイザー社製ワクチンについて対象年齢を12歳まで引き下げたことを受け、神戸市は中高生への集団接種も視野に、6月中に接種券を発送できるよう準備してきた。

 ところが、萩生田光一文部科学相が8日の記者会見で、12~15歳への接種に検討すべき課題があるとして「学校でただちに集団接種ということは考えていない」などと発言。これを踏まえ、久元市長は「厚労省がアクセル、文科省がブレーキをかけているような状況で大変当惑している」と批判。「国の方針が混乱しており、検討はしばらくストップしたい」と説明した。(鈴木春香)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]