五輪の聖火輸送に大手2社 コラボで生まれた粋な便名

有料会員記事

畑宗太郎
[PR]

 東京五輪の聖火をギリシャから日本に運んだ特別便は、日本の空路を支えるライバル2社が共同で運航した。その便名には粋な演出があった。

 2020年3月20日午前、聖火をのせたボーイング787型機が、強風の中で翼を揺らしながら、宮城県東松島市航空自衛隊松島基地に着陸した。

 機体には、大手航空会社のブランドをイメージさせるような、目立った塗装はない。真っ白な機体の側面に大きくあしらわれたのは、金色の大地を駆ける聖火ランナーと炎のモチーフだった。

 前方には、普段はライバル関係にある日本航空(JAL)と全日空(ANA)の赤と青のロゴが、五輪のエンブレムを挟んで並んだ。

 到着後、ライバル2社の客室乗務員たちが一緒に写った記念写真も公開された。航空ファンたちはSNSに、高揚感を書き込んだ。

 「赤と青が並んだ! 仲良く聖火を持ってきて」

 「素敵なコラボ」

 「感慨」

 ギリシャのアテネから宮城へ聖火を運んだこの便は、大会名を冠し「2020便」とされた。空港の電光掲示板の掲示は「GO2020」だった。

 この2日前。羽田からアテネ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。