日本最古の時計台かも 調査で判明、札幌に27日及ばず

会員記事

中村幸基
[PR]

 兵庫県豊岡市の城下町、出石のシンボル「辰鼓楼(しんころう)」の大時計が時を刻み始めた日は、1881(明治14)年9月8日。日本最古とされる札幌市時計台に27日及ばず――。そんな調査結果を、地元のNPO法人但馬國出石観光協会が発表した。

 辰鼓楼は71(明治4)年に本体が建てられた。木造4層で高さ約13メートル、石垣の高さ約5メートル。明治政府による廃藩置県を前に、出石藩と地元有力者らが完成させたと伝わる。廃城となった出石城のやぐら台の石垣を基礎とし、構造部材は城の廃材を活用しているという。昭和、平成と大改修があり、現在に至る。

 当初は、その名の通り太鼓を打って時を告げる楼だった。10年後の81年に地元の医師、池口忠恕(ちゅうじょ)の寄贈した機械式の大時計が楼の上部に据えつけられ、時計台になった。時計そのものは時を経て新型へ代替わりしており、現在は4代目にあたる。

 出石観光協会の森垣康平事務局長らによると、時計の寄贈が81年だったことは、池口家の伝承や年表の記載などから知られていた。しかし、この年の何月何日に時計が動き出したのかなど、詳しいいきさつは「長年、謎」に包まれてきた。

 出石の人たちの月日特定へのこだわりの背景には、札幌市時計台国指定重要文化財)の存在がある。こちらは78(明治11)年に建てられた札幌農学校演武場が起源。当初は小さな鐘楼で時を知らせていたが、時計を設置して動き始めたのが、81年の8月12日。つまり、「出石が札幌よりも先」の可能性があったのだ。

 出石観光協会は辰鼓楼本体の創建150周年事業として昨年10月、「時計が動き出した日」調査プロジェクトに乗り出した。地元の豊岡市立弘道小学校の金庫に眠っていた明治時代の「弘道学校日誌」など史料を探し、市文化財室の石原由美子さんに解析を依頼。

 その結果、弘道学校日誌の81年6月25日付で、辰鼓楼(本体)が地元の有力者だった橋本覚次郎から学校へ寄付されたとの記述が見つかった。さらに同年9月8日付で「辰鼓楼、修繕落成につき、本日十二時より報鼓す。ただし、午前七時、正午十二時、午後二時なり」とのくだりを発見。一方、旧出石藩士で同校教員だった島村賛の日記「王香日誌」にも翌9月9日付で「昨日より辰鼓楼にて時を報す」と記されていた。

 「弘道学校日誌」や「王香日誌」には、時計を池口医師が寄贈したとの言及は見当たらなかったものの、池口家の伝承や年表の記載と照らし合わせて整合性がとれている。このため、「辰鼓楼の時計が動き出した日は81年9月8日」との結論に至ったという。

記念日制定、ポスターには「日本最古年」

     ◇…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。