許家元、1敗死守して首位一力を追走 囲碁名人戦リーグ

[PR]

 第46期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は10日、許家元(きょ・かげん)十段が山下敬吾九段に白番4目半勝ちを収め、リーグ成績を5勝1敗として全勝・一力遼天元との星一つ差を堅持した。山下は3勝3敗となり、挑戦者レースから脱落。あと2ラウンドを残して、優勝争いは一力と許の2人に絞られた。

 2人の直接対決はすでに終えており、この先一力が敗れなければ、許は並ぶことができない。両者の残る対戦カードは、7月が一力VS.河野臨九段(現在2勝3敗)、許VS.羽根直樹九段(同3勝3敗)。8月は一力VS.山下、許VS.河野。