憧れのロマンスカーに会える 運転手は私 神奈川

有料会員記事

文・豊平森、写真・山本裕之
写真・図版
館内の1階にある「ロマンスカーギャラリー」では、引退したロマンスカーに会うことが出来る。右からLSE(7000形)、NSE(3100形)、SE(3000形)の車両=神奈川県海老名市
写真・図版
ロマンスカーの運転体験ができるシミュレーター=神奈川県海老名市
[PR]

 「出発進行!」。まるで本物の特急を運転しているようだ。それもそのはず。実物の運転台から作ったシミュレーターなのだ。

 順路を曲がると一気に視界が広がった。丸みを帯びたオレンジ色の車体が目前に迫る。東京・新宿と箱根(神奈川県)などを結ぶ小田急電鉄の特急ロマンスカー。その引退した5車種などを集めたロマンスカーミュージアムが4月、小田急線海老名駅(同県海老名市)の隣にオープンした。

写真・図版
ロマンスカーミュージアム館長の高橋孝夫さん=神奈川県海老名市

 高橋孝夫館長(57)は元ロマンスカーの運転士だ。5車種とも運転した経験がある。特に思い入れのあるのが、2018年まで38年間走り続けたLSE(7000形)。大きな前面ガラスの展望席が特徴だ。「あこがれのロマンスカーの運転士になるための試験も、LSEで受けました」

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 30年近く前のことだ。LS…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。