米、ファイザー製ワクチン5億回寄付へ 低所得国などに

会員記事新型コロナウイルス

コーンウォール=高野遼
[PR]

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)のために訪英中のバイデン米大統領は10日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチン5億回分を購入し、低所得国など92カ国に寄付すると発表した。バイデン氏は「米国は新型コロナとの闘いにおいて、ワクチンの武器庫になる。第2次世界大戦で民主主義の武器庫になったようにだ」と意気込みを語った。

 米国では成人の64%が少なくとも1回の接種を終え、死者数も減少に向かっている。バイデン氏は「経済を再開し、成長させるカギはワクチンだ」として接種の普及を訴えた。米高官によると、ワクチンの購入には15億ドル(約1600億円)の費用を見込んでいる。2億回分は年内、残りの3億回分は来年前半に各国に届ける計画という。

 バイデン氏は「1カ国によるワクチンの購入・寄付としては世界最大規模となる」として、世界のワクチン供給をリードする意欲を示した。

 バイデン政権が大規模なワク…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]