鴨川の飲み見回り中に「人落ちてる」 川に入った市職員

向井光真
[PR]

 鴨川に転落した車いすの男性を救助したとして、京都市は2日、市防災危機管理室の防災課長・足立貴志さん(44)と同室主任の鍋島裕隆さん(40)を表彰した。新型コロナウイルス緊急事態宣言を受け、京都市職員らが路上飲酒を控えるよう呼びかける見回り活動中の出来事だった。

 市によると、2人は5月2日午後6時ごろ、京都市中京区の二条大橋の北側の鴨川河川敷で、飲酒の見回り活動をしていた。通りかかった人から「人が川に落ちている」と言われ、対岸で車いすの男性が鴨川に転落しているのを確認。飛び石を渡って対岸に駆け付け、その場にいた数人と川に入って男性を救助し、119番通報した。男性の体温が低下しないよう、スーツの上着をかけたという。

 2人は元消防隊員。6月2日に市役所内であった表彰式で、足立さんは「体が勝手に動き、連係プレーで救助できた」、鍋島さんは「後で男性が無事だったと聞き、安心した」と話していた。(向井光真)