「睡魔に襲われ…」公判中、裁判官が居眠り 地裁が謝罪

友永翔大
[PR]

 新潟地裁で7日に開かれた裁判員裁判で、裁判官が居眠りをし、関係者に謝罪していたことが分かった。このため8日の開廷が30分遅れた。

 地裁によると、覚醒剤約16キロを密輸したとして、覚醒剤取締法違反と関税法違反の罪で起訴された2被告の裁判員裁判。担当する3人の裁判官のうち男性裁判官1人が7日の公判中に居眠りをしていた、と外部から指摘があったという。

 地裁の聞き取りに対し、この裁判官は「前日よく眠れなかった。公判中に何度か睡魔に襲われた」と話した。地裁は、検察官、弁護士、裁判員に8日の開廷前に謝罪したという。

 新潟地裁の小林宏司所長は「誠に遺憾。今後こうしたことがないよう周知を徹底したい」。処分については「今後、事実確認をした上で適切に判断する」としている。(友永翔大)