体の自然な変化とともに過ごし、「死」と向き合うことも

有料会員記事

[PR]

それぞれの最終楽章・納棺(5)

納棺師・「おくりびとのお葬式」代表 木村光希さん

 納棺の儀では、故人さまのお顔やお体の変化を予想して、お化粧や旅立ちのお支度をさせていただきます。今回紹介する事例は、お化粧や処置を「最低限」にしたケースです。

 ある医療機関に勤めるSさんのお父様を担当させていただいたときです。Sさんとは公私ともにおつき合いがありました。お父様と面識はなかったのですが、どこか親戚のような感覚で接していたのを覚えています。そんな感覚になったのは式場の都合もあり、葬儀までの3日間で通常よりも多く故人さまと関わったことも影響しました。

 故人さまに最初にお目にかかったとき、「初めまして。Sさんにはいつもお世話になっています」。僕の兄貴分のようなSさん。いつにも増して心の中で故人さまとの対話を多く重ねていこう、という気持ちになりました。

 僕は、Sさんに尋ねました…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。