供給網の集中、弊害露見 クボタ社長感じたコロナの教訓

有料会員記事景気アンケート2021年春

聞き手・橋本拓樹
[PR]

 アジアで製造業のサプライチェーン(供給網)が混乱している。新型コロナウイルスの感染拡大や、ミャンマー国軍によるクーデターが理由だ。拠点を置くメーカーはどんな状況に直面しているのか。クボタの北尾裕一社長に聞いた。

 今回のパンデミックで昨年2~3月、中国から部品を調達できなくなりました。その後、たとえば中国とタイの両国から部品を買えるようにするなど、調達先を増やしています。

 他国の混乱も事業に影響しています。インドでは昨年9月に新しい工場を立ち上げましたが、コロナ禍で駐在員は日本に戻ったり、再び赴任したり。現地でもコロナに感染する従業員が出て、半分から3分の1の人員で生産するのが精いっぱいです。製品はもともとタイでつくっていたので、両国がバックアップし合いながら生産しています。

 コロナ禍でも、インドでは農…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。