立憲・枝野氏「五輪1年延期か中止か IOCと交渉を」

吉川真布
[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は11日、日本外国特派員協会で会見し、東京五輪パラリンピックの開催について、「ワクチンの効果が間違いなく表れることが期待される1年延期か中止かという選択を、IOC(国際オリンピック委員会)との間で交渉すべきだ」と政府に求めた。

 枝野氏はこれまで「国民の生命、暮らしを守ることと、五輪開催を両立させることは不可能だ」などと述べてきたが、中止や延期に踏み込んだ形だ。

 枝野氏は「五輪に伴って海外からたくさんの方が日本に来る。日本国内でも人の移動が激しくなる」などと指摘。「このまま開催すれば、8、9月に第3波を超えるような国内の感染の爆発が生じる恐れが非常に高い」と危機感を示した。

 そのうえで「日本の出入国の権限は日本政府がもっている。それを止めてしまえば強引にでも(五輪を)止めることは可能だ。その権限を背景にしてIOCと交渉すれば、まだ間に合う」との考えを示した。

 枝野氏は、安倍晋三前首相が昨年、IOCのバッハ会長と五輪を1年程度延期する方針で合意したことにも触れ、「ワクチンなどのめども立たない中で、2年ではなく1年延期ということをIOCと交渉して決断した安倍前首相の責任が大きい」とも批判した。(吉川真布)