ひとりデート写真 コロナで「来た、俺の時代」

有料会員記事

聞き手 シニアエディター・尾沢智史
[PR]

 ひとりでも、リア充感は出せる。そんな気概で、SNSに「ひとりデート写真」を投稿してきたライターの地主恵亮(じぬしけいすけ)さん。コロナ禍で何を思ったのでしょうか。「ソロでいこう」第6回です。

リレーおぴにおん 「ソロでいこう」

 2012年から、ひとりなんだけど彼女とデートしているように見える写真を自撮りして、SNSに投稿し始めました。その「ひとりデート写真」がなぜか海外で話題になって、米CNNに取材されたり、中国・深圳のテレビ局に呼ばれて番組に出たりしました。英国のガーディアン紙には「世界で最も気持ち悪い男」に選ばれました。

 そんな企画をやろうと思ったのは、単に友達や恋人がいないからです。SNSでは、みんな「リア充」をアピールしますよね。そこで、「ひとりでもリア充感は出せる」というのをやってみせたら面白いんじゃないかと。

 どういうわけか、ずっと友達がいないんですよ。でも、ひとりでいることが別に苦痛じゃないんですね。

 だからコロナ禍で「俺の時代…

この記事は有料会員記事です。残り628文字有料会員になると続きをお読みいただけます。