民放連が接待問題受け「基本姿勢」公表 「節度持って」

宮田裕介
[PR]

 総務省幹部らを繰り返し接待していた放送関連会社「東北新社」の問題を受け、日本民間放送連盟は11日、政治や行政との適切な関係を築くための「基本姿勢」を発表した。

 今回の接待問題を受け、会員各社などに向け明文化した。事業の現状理解を求めるための政治家や行政担当者との意見交換は「欠かすことはできない」が、癒着と取られないよう「節度をもって対応する必要がある」として、具体的には▽政治家との会食を伴う意見交換は大臣規範を参考に国民の疑惑を招く行為を行わない▽公務員とは国家公務員倫理法・倫理規程で相手に禁止されている行為を行わない――ことを挙げた。

 この基本姿勢は「報道機関として行う取材活動を制約するものではない」とも記した。宮田裕介