「接種進めば好感持たれる」 対象拡大、政権の胸算用

有料会員記事

坂本純也
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンについて、1回目の接種を終えた65歳以上の高齢者らが3割となる中、「64歳以下」への接種に乗り出す市区町村が目立ち始めた。感染拡大を防ぎ、接種ペースを加速させるため、市区町村ごとに独自に優先対象枠を設定する動きも広がっている。

 ワクチン接種について、政府は当初、供給量が限られることなどから、①医療従事者ら②高齢者③基礎疾患のある人、高齢者施設などで働く人、60~64歳の人などと順番を決めていた。だが、ワクチン供給が本格化した5月以降、方針を修正。64歳以下の接種は各市区町村に判断を委ねることとした。

 各市区町村がこれまで明らかにしている方針をみると、政府が当初示した通りの60~64歳や、教育関係者を対象とするところが目立つ。一方で、独自の優先対象枠を設けるところも。大まかに分類すると、「年代」と「職種」に分かれている。

 例えば東京都新宿区では、7…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。