ワクチンの職域接種、全日空がさらに前倒し 13日開始

[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの職域接種を14日に始めることを目指していた全日本空輸は、開始日をさらに早め、13日午前から始めることに決めた。ワクチンや冷凍庫などの準備が想定より早く整っているという。まずは1日300人の少人数から始め、順次拡大する。

 もともとは21日から始める予定で、受け付け初日の8日に政府に申請していた。14日に早めることを検討していたが、さらに前倒しする。国際線のパイロットや客室乗務員(計約1万人)を優先して接種を始め、状況をみながら国際線の接客業務に携わる社員などに順次拡大していく。最終的には、グループ約4万6500人を対象とする。羽田空港の社内会議室で接種する。

 日本航空も14日から、羽田空港で職域接種を始める方針だ。