この背中を見たら声かけて 東尋坊に来た人々の写真集

有料会員記事

堀川敬部
写真・図版
岩場を歩く男性=NPO法人「心に響く文集・編集局」提供
[PR]

 福井県坂井市景勝地東尋坊を訪れた人たちを撮影した写真集「蘇 よみがえる」が出版された。断崖絶壁の岩場でたたずむ人、ベンチに座って海を眺める人。写真はいずれも後ろ姿や横顔だ。撮影したNPO法人は「こういう背中を見たら声をかけて欲しい」と話す。

 東尋坊は、日本海の荒波に削られた岩壁が続く観光地。国の名勝・天然記念物に指定されている。

 NPO法人「心に響く文集・編集局」は、東尋坊で自殺防止の活動をしている。ボランティアのメンバーが週に6日、岩場を回り、自殺しようとしている人がいれば声をかける。

 保護した後はじっくり話を聞く。職場に問題があると分かれば上司と話したり、一時的にシェルターで生活してもらったり。行政につなぐなど立ち直りを支援する。2004年4月の発足以来、保護した自殺企図者は21年6月11日現在で720人になるという。

写真・図版
自殺を考えて岩場にたたずむ人たちの背中を写した写真集「蘇 よみがえる」を出版したNPO法人理事長の茂幸雄さん=2021年5月14日午後3時56分、福井県坂井市三国町、堀川敬部撮影

 福井県警の元警察官でNPO法人の理事長を務める茂幸雄さん(77)のもとには、全国で自殺防止活動に携わる人たちが訪れる。頻繁にこう聞かれるという。「なぜ自殺を考えて来た人だと分かるんですか」

記事の後半では、NPOの茂理事長の「見抜くこつ」とともに、写真集出版を考えた理由が明かされます。

 茂さんは「観光客と違って服…

この記事は有料会員記事です。残り911文字有料会員になると続きをお読みいただけます。