沖縄の米軍基地で有害物質流出 24時間以上経って通報

国吉美香
[PR]

 沖縄県うるま市米軍基地で10日夕、有機フッ素化合物PFOS(ピーフォス)などを含む水が基地の外に流れ出たことが、県などへの取材でわかった。PFOS発がん性が疑われている。流出した水は最大でドラム缶12本分(約2400リットル)という。県や防衛省沖縄防衛局などは12日、日米地位協定の環境補足協定に基づき基地内に立ち入り、米軍から説明を受けた。

 県によると、流出があったのは沖縄本島中部に広がる米陸軍貯油施設のうち、うるま市内にある「金武湾第3タンクファーム」。10日午後4時46分、大雨の影響で消火用として貯蔵していた水があふれ、排水路から基地の外に流出。この水にPFOSなどを含む泡消火剤の一部が混ざっていたと米軍は説明しているという。県が沖縄防衛局を通じて米軍から連絡を受けたのは、流出から24時間以上経った11日午後6時半ごろだった。

 12日午前に現場を訪れたうるま市中村正人市長は「市内では2日に米軍ヘリの不時着があり抗議したばかり。施設管理体制についても徹底を申し入れたい」と憤りを示した。

 昨年4月には米軍普天間飛行場宜野湾市)からPFOSを含む泡消火剤約14万3千リットルが基地外に流出する事故が起き、県が米軍などに再発防止の徹底を求めていた。(国吉美香)