尾身氏「リーダーは覚悟を」 五輪へ突き進む首相に問う

写真・図版
フロントライン
[PR]

 東京五輪パラリンピックの開幕まで50日余りとなった6月2日の衆院厚生労働委員会。コロナ禍での五輪開催に世論の不安が広がる中、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(72)の言葉は、それまでにない危機感を帯びていた。

 「今の状況でやるというのは、普通はないわけですよね。このパンデミック(世界的大流行)で」「そもそも五輪をこういう(感染)状況のなかで、何のためにやるのか」。安倍前政権から政府との調整役を担い、首相会見にも同席してきた専門家が連発した「警告」。国内外のメディアは尾身氏の発言を速報し、大きな波紋を呼んだ。

写真・図版
参院厚労委で、東京五輪開催について答弁する政府分科会の尾身茂会長。この日は「感染のリスクや医療逼迫(ひっぱく)への影響について、評価するのはプロフェッショナルとしての責任だ」と語った=2021年6月3日午前10時34分、国会内、上田幸一撮影

 その夜にあった厚労省の専門家組織の会合でも、五輪をめぐる議論が白熱した。「五輪の感染対策と、地域の感染への影響は無関係ではない。国民もそう思っている」「何も言わないのは責任放棄だ」。同組織は五輪のリスク評価を任されてはいなかったが、このままやり過ごすことはできないとの声が相次いだ。

 同組織のメンバーでもある尾身氏も、昼間の国会での発言を紹介し、「どうすればリスクを少しでも減らせるのか。専門家の立場で提言すべきだ」と訴えた。日本医師会の釜萢(かまやち)敏・常任理事は会合後、「みんな(政府とのあつれきも)覚悟した。非常に重苦しい会だった」と話した。

 尾身氏はそのころ、周囲にこんな不満を漏らしていた。「リーダーにはもっと覚悟が必要だ。『平和の祭典だ』なんて言っても、国民は共感しない」。それは、国民にリスクを語らぬまま五輪へと突き進む菅義偉首相(72)に対する問いかけでもあった。

 一方、政権内では尾身氏への苛立(いらだ)ちが広がった。

菅首相「なんであんなことを」 

 自民党幹部は「首相は五輪を…

この記事は有料会員記事です。残り2536文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]