石破氏、参院選の合区解消「一番急がねば」 地元で力説

東孝司
[PR]

 自民党鳥取県連の定期大会が12日、米子市文化ホールであった。次期総選挙の勝利に向けて総力を結集し、新型コロナウイルス感染症の対策などに精力的に取り組むとした今年度の運動方針を決めた。参院選の合区解消については特別決議も採択した。衆院選に向けた決起大会もあった。

 会長の石破茂・衆院議員(鳥取1区)は冒頭、「鳥取県から新しい日本や新しい自民党をつくることを誓い合う大会としたい」とあいさつ。合区解消については「憲法改正4項目のうち、時限性から一番急がねばならない」と力説した。

 内閣府副大臣で新型コロナ担当の赤沢亮正・衆院議員(鳥取2区)は帰県せず、メッセージを寄せた。

 大会では「急激に進む人口減少への的確な対応や東京一極集中の打破など、真の地方創生の実現」に取り組むことも改めて確認した。(東孝司)