野田聖子氏、二階氏発言を擁護「中選挙区時代との比較」

野平悠一
[PR]

 自民党二階俊博幹事長が党内で相次ぐ政治とカネの問題をめぐり、「ずいぶん政治とカネの問題はきれいになってきている」と発言したことについて、野田聖子幹事長代行は13日、NHKの討論番組で、衆院の中選挙区時代との比較が念頭にあったものだと説明した。

 野田氏は「中選挙区の時、もっと以前の選挙を経験されている先輩なので、その時は本当に非常に緩かった。比較ということでご理解いただければ」と二階氏の発言を擁護した。

 二階氏は1日の記者会見で、「ずいぶん政治とカネの問題はきれいになってきている。このことはマスコミも一般国民のみなさんも評価していただいてしかるべきことだ」などと発言し、批判を浴びた。(野平悠一)