ただ1人の聖火点火、民族共生に思いはせ 北海道

有料会員記事

岡田昇
[PR]

 東京五輪聖火リレーの点火セレモニーが13日、北海道白老町のアイヌ文化発信拠点「民族共生象徴空間(愛称・ウポポイ)」で開かれた。13、14両日にランナー約200人が道内の18市町を駆け抜ける予定だったが、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が出されているため、リレーはすべて中止となった。

 セレモニーはウポポイの駐車場で無観客でおこなわれた。13日に聖火をつないでいく予定だったランナー87人の氏名が司会者によって読み上げられた。そのあと、代表として、ただ1人参加したウポポイ職員の山道ヒビキさん(32)=白老町=が、聖火をトーチから聖火皿へともした。山道さんは「感無量です。走れなかったランナーの思いも受け取って点火した」と語った。

 聖火皿へ点火する際、トーチを持った手を3回上下させた。感謝を示すアイヌ民族のしぐさを取り入れた。「日本にはいろいろなルーツ、文化を持った人がいることを伝えたかった」

 北海道での聖火リレーは当初…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。