薄氷は踏むな!海の上をそろり 10年ぶりの昭和基地

有料会員記事

中山由美
[PR]

 10年ぶりの昭和基地だ!

 再訪がかなって、はしゃぎたくなる気持ちを抑えて「まずは仕事」。カメラを構えて取材者に戻る。

 2019年12月30日、私たち61次観測隊の到着で昭和基地は急ににぎやかになった。60次越冬隊にとって、先に帰国した夏隊を見送って以来、10カ月ぶりの「初めまして」だ。我が家に新参者がどっと押し寄せた感じで、きっと、落ち着かない心地だろう。

 同じ色のヘルメットやジャケット姿でも、新旧の違いは一目瞭然だ。60次隊は汚れて色あせた服に浅黒い顔、無造作にのばした長髪やひげ面も。油や泥まみれのパンツはすそがほつれ、すり減った長靴がのぞく。でも年季の入った姿こそ「越冬明けの雄姿」で格好いい。新品装備の61次隊はピカピカの1年生、といった感じかな。

 中には何度も来ている隊員も…

この記事は有料会員記事です。残り816文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら