菅首相「安全・安心な五輪に」 カナダ首相にもアピール

コーンウォール=相原亮
[PR]

 英国で開かれている主要7カ国首脳会議(G7サミット)に参加している菅義偉首相は13日、豪州のモリソン、カナダのトルドー両首相と相次いで会談した。

 日本外務省によると、トルドー首相が「東京五輪パラリンピックに選手団を派遣し、多くのメダルを獲得するのを楽しみにしている」と発言。菅首相は「安全・安心な大会に選手団をお迎えできるよう、全力を尽くす」と応じた。

 また、両首相は中国を念頭に「東シナ海における力を背景とした一方的な現状変更の試み」について「深刻な懸念」を共有した。

 日カナダに先立ち行われた日豪の首脳会談では、モリソン首相が東京五輪・パラの開催について、改めて支持する意向を表明した。また、両首相は中国を念頭に「経済的威圧や力による一方的な現状変更の試みの継続・強化」に「強い反対の意」を共有したという。(コーンウォール=相原亮)