優勝は「子どもコーチ」のお陰?ジョコビッチ秘話明かす

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 4大大会の19勝目を劇的な形で手にしたノバク・ジョコビッチセルビア)は冗舌だった。

 13日に行われたテニス全仏オープンの男子シングルス決勝。第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)に6―7、2―6、6―3、6―2、6―4で勝利し、5年ぶり2度目の優勝を果たした。

 記者会見に自身の名前が入った長袖姿で現れると、ちゃめっけたっぷりの言葉を並べた。

 たとえば2セットが終わった後の「儀式」だ。2セット連続タイブレークを落とした7日の4回戦と同様、着替えなどのため、いったんコートを離れた。7日の勝利後は、そのお陰で「別人になった」と振り返ったが、この日は「特別な場所があって、そこには自分を守ってくれている天使がいる。これ以上は秘密だから明かせないな」と言って笑った。

 安定したプレーを取り戻せた第3セット以降は、「子どもコーチ」のお陰だとも言った。

全然知らない子だけど…

 会場でずっと声援を送ってく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。