トランプ氏と重なったアピール手法 ネタニヤフ氏が退陣

有料会員記事

エルサレム=清宮涼
[PR]

 イスラエルで通算15年にわたって政権を維持し、イスラエルの「顔」だったネタニヤフ首相がついに退陣に追い込まれた。政治的な手腕については、「盟友」トランプ前米大統領との類似性が指摘されており、今回の「引き際」をめぐっても注目が集まっていた。

 国内で「キング」とも呼ばれたネタニヤフ氏は、敵対するイランや左派、メディアなどを激しく批判。国内外に敵を作ることで支持層にアピールする手法がトランプ氏と酷似しているとされてきた。

 今月2日に反ネタニヤフ勢力の8党が連立政権の樹立に合意すると、ネタニヤフ氏は、連立に加わった極右政党ヤミナのベネット党首に矛先を向け、「イスラエルの歴史上、私の考えでは民主主義の歴史上、最も大きな選挙の詐欺を目撃している」などと批判した。

トランプ氏と「同じように聞こえる」

 昨年11月の大統領選で敗北…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。