「拳銃と知っていた」モデルガン改造容疑で歯科医師逮捕

[PR]

 モデルガンを改造した拳銃を所持したとして、広島県警などは、同県呉市広本町3丁目の歯科医師、己斐(こい)守容疑者(55)を銃刀法違反(拳銃複数所持)の疑いで13日に逮捕し、発表した。「拳銃にあたると知っていた」と供述し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は4月11日、自宅で回転式改造拳銃3丁を所持していたというもの。県警によると、警視庁との共同捜査で同日、自宅を銃刀法違反容疑で家宅捜索し、改造されたモデルガンを押収。鑑定の結果、殺傷能力がある拳銃にあたると判明したという。県警が改造した経緯などを調べている。