ベルリン映画祭、ようやく授賞式 濱口監督が銀熊賞受賞

有料会員記事

佐藤美鈴、ベルリン=野島淳
[PR]

 世界3大映画祭の一つの第71回ベルリン国際映画祭は13日夜(日本時間14日未明)、新型コロナウイルスの影響で延期していた授賞式を現地で開いた。コンペティション部門で最高賞に次ぐ審査員大賞(銀熊賞)を受賞した「偶然と想像」の濱口竜介監督(42)が出席し、出演者やスタッフの名前を一人ずつ読み上げ「この人たちこそがこの映画です。心から感謝を述べたい」と語った。

 今年のベルリン映画祭は異例の分割開催となり、3月にオンラインで業界関係者らに作品が発表され、受賞作が決定。今月、現地で授賞式と一般向けの上映イベントが開かれている。

日本では12月公開

 授賞式後、濱口監督はトロフィーを手に「重くてびっくりしています」と笑顔を見せ「ベルリンの地に直接来られて、こうやって受け取れて、ようやく実感がわいてきた」と喜びを語った。15日から3日間、公式上映が予定されており「どんな反応が実際に得られるのか、とても楽しみ」という。

 「偶然と想像」は約40分の3話からなるオムニバス作品。脚本も濱口監督が手がけた。古川琴音さん、渋川清彦さん、占部房子さんらが出演し、予期せぬ三角関係や誘惑の罠(わな)、誤解から生まれる出会いの物語をつづる。日本では12月に公開されることが決まった。

 濱口監督は1978年、神奈…

この記事は有料会員記事です。残り310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。