大規模接種で残った予約枠、自衛隊員らへ 東京会場分

新型コロナウイルス

松山尚幹
[PR]

 政府が東京と大阪に設けた新型コロナウイルスワクチンの「自衛隊大規模接種センター」での接種について、防衛省は14日、東京会場分で残っている予約枠を使い、危機管理を担う自衛隊員、警察職員、消防職員、海上保安庁職員を対象にすると発表した。

 13日午後5時時点の14~27日の2週間の予約枠は、東京会場が14万件のうち約7割、大阪会場は7万件のうち約5割が残っている。大阪会場は14日から数日間は予約が埋まっているが、東京会場は14日が1650件ほど、15日も4千件ほど残っているという。

 政府は64歳以下へ対象を引き下げることも検討しているが、防衛省は今回のセンターでの対応について「現状で64歳以下に拡大した時に65歳以上の接種の機会が失われる可能性もある。空き具合を見ながらの機動的で、あくまでも一時的な対応」と説明する。

 センターでの接種はもともと、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県と、大阪、京都、兵庫の2府1県の65歳以上の高齢者を対象としていたが、14~27日の予約枠がなかなか埋まらなかったため、10日時点で地域の制限を撤廃。12日からは専用サイトに加え電話での予約受け付けを始めたが、それでも埋まっていない。(松山尚幹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]