元グリーンベレー、ゴーン逃亡の手助け認める 初公判

金子和史、三浦淳
[PR]

 日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(67)を海外に逃亡させたとして、犯人隠避の罪に問われた米軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員マイケル・テイラー被告(60)と息子ピーター被告(28)の初公判が14日午後、東京地裁であった。両被告は起訴内容に間違いがあるかと聞かれ、「ない」と答えた。

 起訴状によると、親子は2019年12月29日、ゴーン元会長=会社法違反などの罪で起訴=が海外渡航禁止の条件で保釈中と知りながら、元会長を音響機器用の箱に隠し、関西空港からトルコ経由でレバノンに逃亡させたとされる。

 検察側は、ピーター被告は19年7月以降に4回来日してゴーン元会長と逃亡の相談をし、当日は元会長の自宅から都内のホテルに元会長の荷物を運搬したとみている。マイケル被告は、今も身柄が拘束されていないジョージ・ザイエク容疑者(61)と逃亡当日に来日し、元会長をホテルから関西空港まで護衛し、一緒にプライベートジェットで出国したという。

 米国の裁判所に提出された資料によると、ゴーン元会長は逃亡前後に親子側に計約1億4千万円相当の現金や暗号資産(仮想通貨)を送金していた。検察側は謝礼だとみている。

 東京地検特捜部は20年1月にテイラー親子とザイエク容疑者の逮捕状を取得。米捜査当局は同年5月、日米間の犯罪人引き渡し条約に基づき、米国にいたテイラー親子を逮捕した。米連邦地裁は9月に引き渡しを認める判決を出し、国務省も10月に引き渡しを承認した。親子側は移送の差し止めを申し立てて争ったが、連邦最高裁が今年2月に棄却。特捜部は3月に米国から親子の引き渡しを受けて逮捕し、日本に移送した。(金子和史、三浦淳)