強制わいせつの米兵に有罪判決 那覇地裁

[PR]

 那覇市内の駐車場で帰宅途中の女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつなどの罪に問われた米海兵隊キャンプ・コートニー(沖縄県うるま市)所属の1等兵マービン・ジェームス・ジュニア被告(24)に対し、那覇地裁は14日、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)の判決を言い渡した。

 大橋弘治裁判長は「被害者の精神的苦痛は相当大きい」と指摘した一方、「被害者に慰謝料を支払い、反省している」と述べた。

 判決によると、被告は1月31日午前5時すぎ、那覇市内の駐車場で女性に対してキスをしたり、体を触ったりし、約1時間後に付近で職務質問した警察官の胸を突き飛ばすなどした。

 女性がその場から逃げ出して警察に通報した。被告は女性と面識はなく、当時酒に酔っていたという。