在英中国大使館「ひどい内政干渉だ」 G7首脳宣言

有料会員記事

北京=冨名腰隆
[PR]

 在英中国大使館の報道官は14日、主要7カ国首脳会議(G7)で採択された首脳宣言を受けて、記者の質問に回答する形式の談話を発表した。新疆ウイグル自治区や香港の人権問題、台湾などに言及された点について「ひどい内政干渉だ」と強く非難している。

 宣言は新疆ウイグル自治区や香港について人権や基本的自由を尊重するよう中国に呼びかけるとし、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」とするなど、米国の意向が色濃く反映される内容となった。

 これに対し、在英大使館報道官は「新疆ウイグル自治区、香港、台湾などの問題で事実をねじ曲げ、中国を故意に中傷しており、ひどい内政干渉だ。国際関係の基本ルールに対する重大な違反で、米国など少数の国の陰険な下心を露呈している」とし、「強い不満と断固たる反対」を表明した。

 さらに、G7を中心に「民主…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。