ノンスタイル石田さんの新弟子はトマト? その漫才とは

有料会員記事

本田大次郎
[PR]

 お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の石田明さんが、「弟子」を取った。北海道下川町の特産フルーツトマト「はるかエイト」のコンビだ。えっ? トマトが弟子?

北国の甘いトマト、ノンスタ石田さん監修で4コマ漫画に

 石田さんが「弟子」と呼ぶのは、自らが監修する4コマ漫画の主人公だ。

 タイトルは「トマト漫才師 下川はるかエイト」。糖度8%以上の甘さを誇る、町のブランドトマト「はるかエイト」をモチーフにした、「はるか」と「エイト」の2人のトマト漫才師が、巧妙な掛け合いで笑いを振りまく。2人はまだ熟れる前のトマト。「真っ赤に熟れる(売れる)ことを夢見るストーリー」(同町)だ。

 漫画の原案は吉本興業、絵は漫画家の新星エビマヨネーズさんが担当し、ノンスタイルの石田さんが、全体の流れや構成、オチなどを監修する。今月7日から、しもかわ観光協会公式ツイッターで、毎週月、水、金のお昼に配信されている。

 北海道北部の山あいにある人…

この記事は有料会員記事です。残り622文字有料会員になると続きをお読みいただけます。