小林亜星さん死去 「北の宿から」「この木なんの木」

 「北の宿から」などの歌謡曲や「この木なんの木」「ガッチャマンの歌」といったCMソングや子供番組の主題歌など数々の音楽を手がけた作詞・作曲家で、「寺内貫太郎一家」など俳優としても知られる小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全で死去した。88歳だった。通夜・葬儀は近親者で営んだ。

 東京出身。慶応大学医学部から経済学部に転部して卒業。作曲家の服部正に師事し、テレビの成長期だった1961年、レナウンのCM「ワンサカ娘」を作詞作曲して注目された。その後、日立製作所「日立の樹(この木なんの木)」やサントリー「人間みな兄弟~夜がくる」など、茶の間で親しまれたCMソングを数え切れないほど作曲した。

 また「狼(おおかみ)少年ケン」に始まり、「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」「科学忍者隊ガッチャマン」などアニメの主題歌も数多く作曲。72年には「ピンポンパン体操」が200万枚を超えるヒットを記録した。76年には都はるみさんが歌った「北の宿から」で日本レコード大賞を獲得した。近年は、バイオリニストの天満敦子さんのために新作「旅人の詩(うた)」を書き下ろした。

 また、74年、向田邦子作のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」で昭和の大家族の頑固一徹な父親役に抜擢(ばってき)された。この人気をきっかけにテレビタレントとしても活躍の場を広げ、「象印クイズ ヒントでピント」の男性軍キャプテンや「パッ!とさいでりあ」のCMなどに出演。2002年放送のNHK連続テレビ小説「さくら」ではヒロインの祖父を演じた。

 98年には、自作のブリヂストンのCMソング「どこまでも行こう」に酷似した音楽を発表したとして、作曲家の服部克久さんを著作権侵害で提訴。03年に勝訴が確定した。