「日本落ちるだけ」官僚選ばぬ東大生 めざす安定の形は

有料会員記事フカボリ

根岸拓朗
[PR]

 東大生の「官僚離れ」が止まらない。中央省庁の幹部候補になる国家公務員総合職試験の合格者のうち、昨年の東大出身者は249人で過去最低。2015年度の459人から200人以上減った。今年度の合格者の発表は今月21日。いまの東大生の目に、「霞が関」はどう映るのか。

 「就職を本格的に考え始めたとき、官僚は『ないな』と思ったんです」

 そう話すのは東大4年の山田碩人(ひろと)さん(21)。

 1年余り前、別の話題で取材をしたとき、まだ2年生だった彼は「将来は官僚も考えている」と語っていた。

疲れ切った先輩の顔

 しかし、就活で彼が選び、内定を得たのは外資系コンサルティング企業だった。

 なぜ霞が関は「ないな」とな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

フカボリ

フカボリ

旬の話題の舞台裏から事件の真相まで、気になるニュースの深層に迫ります。世の中に流れる情報の一歩先へ。「もっと知りたい」「ちょっと気になる」に応えます。[記事一覧へ]