書店員が聞いた親子の会話 「本屋に来て棚を見ると…」

有料会員記事

若松真平
[PR]

 6月5日、書店員のyamabonさんは1人で品出し作業をしていた。

 働いているのは地方都市の郊外にある書店。

 その日は土曜日で、お客さんが多い時間帯だった。

 書店員歴は、アルバイト時代も含めて15年ほど。

 本が好きだったので応募し、やってみて楽しかったから今も続いている。

 「これは売れる」「これを売りたい」と思って仕入れた本が売れた時が、一番やりがいを感じる瞬間だ。

母が子どもに言ったこと

 品出しをしている棚の向こうから、お客さんの会話が聞こえてきた。

 母親が子どもに向かって、こんなことを話していた。

 「ネットだと自分が興味のあ…

この記事は有料会員記事です。残り807文字有料会員になると続きをお読みいただけます。