首位快走の阪神は「コスパ最強」 平均年俸1千万円減

有料会員記事

伊藤雅哉
[PR]

 セ・リーグの首位を走る阪神が、今季の日本人選手の平均年俸でセ最下位に「転落」した。

 労組日本プロ野球選手会炭谷銀仁朗会長=巨人)が14日に発表した調査結果によると、阪神は2886万円で12球団でも11番目だった。昨年はリーグ3位(全体6位)の3863万円。約1千万円減ったことになる。

 これもチームの急速な若返りを象徴する数字だ。調査は今季の開幕日(3月26日)時点で、選手会所属の支配下選手730人の自己申告によるもの。現在、首位を走る阪神は2位に7ゲーム差をつけている。

 チームの成績は良くて、給料は安い。「コスパ最強」が証明された。

 阪神は2012年の調査では5229万円で、12球団でも巨人に次ぐ2番目だった。

 一昨年のオフに年俸4億円だ…

この記事は有料会員記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら