職域接種に142件、63万人分が申請 愛知県内で

新型コロナウイルス

小林圭
[PR]

 企業や大学での新型コロナウイルスワクチンの職域接種について、愛知県は14日正午までに142件、計63万623人分の申請があったと明らかにした。21日の週に41件、28日の週に43件が接種を始める見込みという。

 また愛知県立大が14日、職域接種を7月26日から始めると発表した。対象は学生3千人、教職員400人で、接種を希望するか尋ねるアンケートを今月下旬まで実施しており、接種人数が確定後、職域接種の申請をする。

 同大によると、5日間かけて1回目の接種をして、1カ月後に2回目を接種する。接種時期は「最短でできる日を選んだ」(同大の担当者)としている。接種に必要な医師や看護師の派遣は、健康診断を行っている一般財団法人と調整している。

 同大には看護学部があるが、教員は地域の集団接種会場にスタッフとして派遣されているという。(小林圭)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]